学校長挨拶


学校長  佐々木 光久 


 気仙沼西高等学校ホームページにアクセスしていただきありがとうございます。
本校は、気仙沼市の西側の丘陵地にある、牧沢に位置しております。生徒達は自然環境に恵まれた環境の中で、四季を感じながら学校生活に励んでいます。また、周辺には福祉施設や市の総合体育館、美術館などがあり、本校の教育活動に対する様々な御支援をいただいております。
 気仙沼西高等学校は、昭和60年に地元の熱い要望のもと、男女共学・普通科の高校として誕生し、小規模校の利点を活かした特色ある教育活動を展開してきました。平成12年度からは、進学類型、情報類型、福祉類型の3つの類型を導入し、地域でより実践的に貢献できる人材の育成にあたってきました。授業では、多くの選択教科や少人数授業により、きめ細やかな学習指導をおこない、生徒の進路志望達成や資格取得を支援し、進学・就職ともに好成績を残しています。
 生徒達は伝統的に元気な挨拶をおこない、学習・部活動・学校行事に積極的に取り組み、充実した学校生活を送っています。人との温かい関わりの中で、教育目標である「すこやかな心身、ゆたかな人間性、みのりある知」を深め、卒業後は地域を支える人材として様々な分野で活躍しています。
 震災後は、様々な方面から御支援をいただき、教育活動は従来にも増して、充実したものになってきておりますが、地域では生徒数の減少により高校の再編統合が計画されています。本校も平成30年度に、現気仙沼高校と統合し、新たな普通科の高校としてスタートすることが決定しました。今年度の入学生からは、気仙沼高校と同じ制服を身につけ、可能な限り同じ教育課程で教育活動を進める予定です。
 統合までの2年間、本校単独での教育活動をしっかりと継続し、小規模校の利点を活かしながら、地域に於ける役割をこれまでどおり果たして参ります。今後とも、皆様からの御指導、御支援をよろしくお願い申し上げます。